神奈川私立男子中学校フェアにいってきました

志望校選択

神奈川私立男子中学校フェアでサレジオ学院にいってきました。神奈川だけの学校なので、倍率は低かったのか、運良くあたりました。今回子どもは参加できなかったので、親が二人でいきました。親二人ははじめての体験です。

浅野中学のプレゼン

かなりおもしろかったです。学校のブースで個別質問などができるんですが、浅野の待合室では、先生がプレゼンしてくれました。うちは浅野では個別での質問はしなかったのですが、そのプレゼンを見るだけで、だいたい知りたいことがわかりました。

たとえば、塾にいっている生徒は、中学ではほとんどいないそうです。自宅で1〜2時間かかる宿題を出して、日々の学習習慣を付けるようにしていると。「実際に部活やって宿題していたら塾行く暇がないですから」といってました。

高校2年の夏くらいになると、夏期講習に行く子はいますが、それでも最終的にはそれほど多くはない、といっていました。

あと、「浅野が第一志望は入学後難しい?」みたいなこともいっていました。浅野は3日が受験日なので、1日の本命校に落ちた人が行くケースも多いです。1日本命、2日おさえ、3日浅野みたいな人が多く、最難関校を落ちた人が多いことは事実です。でも「浅野の偏差値に届かなくて、チャレンジして入ってきた生徒も20%はいる」とのこと。

入学時にそうした違いはあっても、結局は入ってからこつこつと自宅学習をしていく生徒が伸びるので大丈夫です、といってました。

ほかにも、進学校か附属校か、男子校か共学か、などについても、語られていて、とてもおもしろいプレゼンでした。

サレジオ学院で個別質問

サレジオも本当は控え室で動画をみました。学校の行事の写真などがつぎつぎと写し出されていて、うちの子にも合いそうって思いました。本当は動画をみるだけのつもりだったのですが、番号札を渡されてしまったので、先生とお話ししました。

質問は何を聞いていいのかわからなくて、ちょっと困っていたら、先生がざっと概要を話してくれました。ひととおり聞いた後に「うちの子はおとなしいタイプなんですが」というと、「ああ、うちはそういう子が多いです(笑)。全然大丈夫だと思いますよ」と。

入試については、1日と4日にあるのですが、やはり1日入試で入る子が多いそうです。4日は難易度は同じなんだけど、倍率が増えるので合格点が少し高くなりますと、言っていました。

質問を受ける先生たちの中に、サレジオの有名な校長もいて、けっこうな熱弁で質問に答えていました。学校自体の施設も立派ですし、雰囲気も良く、いい学校だなあと思ってしまいました。

今までいってみたところは、みんないい学校に感じているので、あまり参考にはならないですがw。また今日は神奈川以外のいろいろな学校のパンフレットもおいてあったので、いろいろもらってきました。

今日は充実の一日でした。やっぱり生で体験するのは大切ですね。

にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ

コメント