組み分けテストは国語に助けられてコースはキープ

組分けテスト

組み分けテストの素点と偏差値がでました。

国語>65>4教科>理科>55>算数>50>社会

という結果でした。国語の漢字と知識には、日々注意していたせいか、思った以上の点数をとっていました。これが幸いして、他の教科(とくに社会)の失敗を挽回して、ぎりぎりでコースダウンしないですみました。

算数は前半の1行問題や平面図形のやさしい問題を3問ほどとりこぼしているので、これをおさえられれば24点あがって偏差値60オーバーになったのに、と思いました。それ以外の速さと立体図形の問題は、だいぶ落としているので、こちらはちょっと次回までに対策が必要ですね。

社会は事前の対策テストを見たときにはわりとできるかと思っていたのですが、今回はまんべんなく落としていて、知識の不確かさを知りました。政治分野がとくに落ちているようです。

理科は完全に母親任せなのですが、やっぱり生物関連(植物のつくりとはたらき)が苦手なようです。

このあたりNN模試までには再復習しておきたいところです。NNも入るかどうかは分からないですが、とりあえず受かるという事実を得ておきたいなーと思っています。

まあ、とりあえず今回は弱点がわかったということで、一喜一憂せずに進めていきたいと思います。

にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ

コメント