SSクラス統一テストとNNOPの結果

NN

先日受けたSSクラス統一テストとNNOP(正確には「入試本番体験講座」という名前らしい)の結果がでました。

SSクラス統一のテストの結果

国語>55>50>社会>総合>算数>理科

って感じでした。国語が多少よかったものの、トータルで見ると前回とあまり変わらず低迷しています。とりあえず各教科の正答率が50%超のところの間違いだけはなんとかしてほしいところです。

最近は各教科のどの単元がやばかったのかをあぶりだしていて(母親が)、そこを重点的に学習できるような算段をしているのですが、なかなかこちらが誘導するとおりには進みません。

みんなこのタイミングで弱点補強とかどんなふうに時間作ってるんでしょうね。うちなどは、塾に行く前の30分とかが精一杯なんですが。

NNOPの結果

前回、前々回と振るわなかったので、今回はけっこう気にしていたのですが、なんとも微妙な結果に。

国語>65>50>総合>算数>社会>40>理科

もう国語だけで全体を引き上げている感じでした。ちなみにこの得点だと「もし本番なら合格まであと9点」と表示され、合格可能性も45%です。

試験当日に算数の解き直しをやってみたのですが、もうちょっと慎重にできたらとれていたという問題もありました。また、国語は漢字の間違いが3問あり、それらをとることができれば合格域に達していたのに、というのが親の皮算用でした。

理科が壊滅的でしたが、これは生物ジャンルのところが全くとれていませんでした。これに関しては他のテストでも同傾向なので、この基礎知識をなんとかしないとまずいです。

算数は平面図形と調べというのが苦手で、速さなどは得意のようだとか、各教科の項目の得手不得手を親が認識できるようになってきました(今さら)。

とりあえずこの第一志望校に関しては、以下のように考えています。

  • 国語は現状の線で漢字と知識を補完して強化
  • 理科と社会はとにかく平均点をとれる程度になんとか基礎知識を抑える
  • 算数は苦手分野を丁寧につぶして、そこでもう少し稼げるようにしたい

実際、国語は問題の当たり外れもありますので、そんな単純じゃないと思うのですが、まったく届かないわけでもなく、なんとなくこのままなんとか進んでいく、という方針だけは見えてきた気がします。

もちろん併願校対策はしっかりする必要がありますけど……。それが理由というわけではありませんが、こんな本も買いました。

中学受験進学レーダー2022年10月号 併願2023 | 進学レーダー編集部 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで進学レーダー編集部の中学受験進学レーダー2022年10月号 併願2023。アマゾンならポイント還元本が多数。進学レーダー編集部作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また中学受験進学レーダー2022年10月号 併願2023もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

本当に親の方があたふたしだしています。

にほんブログ村 受験ブログへ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(早稲アカ)へ  にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ  にほんブログ村 受験ブログ 受験生の親へ

コメント